「Every Child CAN!」

子どもたちが、
自分の身の回りに潜む問題を見つけ、
自分たちの頭でそれらを解決するアイディアを考え、実践する。
そして、生み出した変化を世界中でシェアしていく。
そうした思考と行動を促すデザイン・シンキング・プログラムです。

“feel”“imagine”“DO”“share”の4つのシンプルなステップで、
子どもたちの「Can I(ムリ)?」を「I can(できる)!」に変えていきます。

ican

こどももおとなも。
みんなが一緒になって「社会を良くする」ために考え、行動し、「I can!」の心でつながります。

Design For Change Japanは、Design for Change Worldと連携し、「Design For Change」プログラムを日本で実践するため、準備を進めています。

プログラム紹介

プログラムを導入する(教育関係者の方へ)

Design for Change 創設者、キラン ビア セイシのスピーチ(日本語字幕付き)をご覧ください。
テーマは、「 子どもたちに “I can” と教える 」


※字幕が見れない場合は、一度停止してから再度再生してみてください