世界大会 ・子どもサミットに参加しよう

デザインフォーチェンジは毎年11月末ごろに世界的な発表会「Be the Change Conference(以下BTC)」を開催しております。
毎年3月までにローカルでシェアしたストーリーを各国から持ち寄って発表、表彰しております。
発表するのも子どもたち、司会進行するのも子どもたち、DFC創始者のキランのトークセッションをオーガナイズするのも、すべて子供たちが行ないます。
世界中の仲間が年に1回、実際に手を取り合って志を共にする場でもあります。

DFC x BTCの強み

昨年の台湾大会では、参加人数約4000名、世界40カ国か参加という今までの中でも最大規模のものでした。国の違いを超えて、お互いを理解する、リスペクトする世界感を目の当たりにすることで、教科書の文字や動画では知りえない学びを得られます。

ここ数年、デザインフォーチェンジと同じようなPBLといわれる問題解決型授業、アクティブラーニングと呼ばれる参加型授業は本当に増えてきました。
その中で、デザインフォーチェンジの強みはこのBTCにあります。
同じくらいの歳の子供達が、自分で感じて、それを行動にうつしていくことを共有しあえる仲間が、世界中にいることを肌で感じることができること、その名のとおり世界へプラットホームがあるのです。

2019年はバチカン開催。
開会・閉会式典にフランシスコ教皇がご臨席

4,000 人の子どもたちが100 カ国からローマに集い 100 件の課題解決をプレゼンする 4日間

2019年11月の国際大会は、バチカン特別開催「子どもグローバールサミット」です!
国連提唱のSDGsの「持続可能な消費や生産」や「ジェンダー平等」などの10項目に取り組むデザインで、子どもたちが発案し動き、起こした変革が発表されます。

今年、日本からもバチカンの国際大会に参加しようと、デザインフォーチェンジに取り組んだ女子中高生が準備しています。しかし渡航費などバチカン国際大会参加への課題は山積みです。そこで、「日本の子どもたちもバチカン国際大会に参加させたい!」と、世界大会 ・子どもサミット@バチカン参加応援チャリティプロジェクトを2019年8月2日~10日まで開催することとなりました!

デザインフォーチェンジの創設者であるキラン・ビア・セシ氏の来日シンポジウムをはじめ、デザインフォーチェンジ ママパパ・ファシリテーター特別研修、事務局を担当している公益社団法人誕生学協会からは、代表大葉ナナコの特別講座を全5講座開講予定。また、東京女子美術大学附高校卒業生である紫苑やす子先生の書道作品、日本画作品、着物のチャリティーオークションも予定しております。

スタディツアーを計画中

バチカン特別開催「子どもグローバールサミット」へのスタディツアー(11/25~12/2)を計画しています。
詳細が決まりしだいお知らせいたします。